泉田裕彦wiki経歴【弟・大学・高校・妻・子供・結婚】

泉田裕彦の経歴wikiプロフィール

  • 生年月日:1962年9月15日(57歳)
  • 出身地 :新潟県加茂市
  • 前職 :国家公務員(通商産業省・経済産業省)
  • 所属政党:(無所属→)自由民主党(二階派)

泉田裕彦さんといえば前新潟県知事で、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に尽力した方ですね。

大学卒業後に通商産業省に入省し、ブリティッシュコロンビア大学客員研究員として資源エネルギー庁へ出向となります。

1998年6月から通商産業省大臣官房秘書課長補佐を務め、2001年に国土交通省へ出向しました。

2003年から岐阜県庁へ出向し、知事公室参与や新産業労働局長を務めたのち退官。

新潟県知事を2004年~3期務めているのですが、2004年に新潟県知事選挙で初当選し、最年少知事として話題になりました。

最初の知事選挙時は自民党の候補者が絞られなかったため、保守の分裂選挙という苦しい選挙でした。

晴れて当選し知事になったのも束の間、すぐに新潟県中越地震が発生してしまいます。

しかしことのきの対応が良くて知名度が高まり、県民から支持される存在となります。

そんな泉田裕彦さんは、国会の「検察庁法改正案」を審議委員会において、審議をつくすべではないかと発言し、内閣委員会から外されたという騒動に見舞われています。

新型コロナウイルスが猛威を振るっている中、検察庁法改正案より先にやるべきことがありますよね。

泉田裕彦さんに賛同する人が後を絶たず、話題になっているようです。

泉田裕彦の学歴・高校・大学はどこ?

新潟県加茂市出身の泉田裕彦さんは、加茂市立加茂小学校⇒加茂市立加茂中学校⇒新潟県立三条高等学校出身です。

その後、京都大学法学部に進学しています。

新潟県立三条高等学校は、偏差値58ほどの高校で、京都大学に進学するのはかなり稀といえます。

そして京大を卒業し、高級官僚となります。留学の経験もあるので、かなり優秀な方ですね!

  • 1
  • 2