滋賀県琵琶湖花火大会に行ってきた感想や注意点などを解説

滋賀県琵琶湖花火大会の基本情報

毎年8月8日に開催される滋賀県の琵琶湖花火大会。

京阪電車、島の関で下車し、琵琶湖方向に歩いて五分程で会場があり、およそ1万発もの花火が打ち上げられる滋賀県では有名な花火大会である。

京都や大阪からもJR線で京都駅からは15分程でJR膳所駅につき、それから京阪に乗り換えて島の関駅まで5分とアクセスの良さも人気の秘訣となっている。

滋賀県琵琶湖花火大会に実際に行ってみた感想

会場へは電車、車、両方の手段で行ったことがありますが、小さなお子さん連れの方なら電車はとても危険です。

どうしても電車じゃないと不便な方であればお昼〜夕方までには会場へ着くように外出するべきでしょう。

電車内は夕方からとても混雑するためベビーカーでの乗車もとても危険です。

さらには車での来場の場合は琵琶湖沿いのパーキングは多いですがすぐに満車となるため早めのパーキング確保もとても重要です。

8時45分ごろまで花火はありますが、最後まで見ていると帰宅時がとても混雑するため15分前に会場を後にすることもポイントですね。

初めて行く人にアドバイス

近くで花火を楽しみたい方は夕方までには会場へ着くようにすることです。

それは夕方から交通規制が、行われ道路は通行止めとなる道が多いため。

子供さん連れの方は会場から少し西にあるなぎさ公園がおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA